GoogleAdsense&prについて

    【効果を比較】生大根ダイエットで痩せる割合は?ダイエットに効果的な方法は?口コミ・評判を比較調査しました

    • URLをコピーしました!

    1日300gを目標に食事の前に生大根を食べる「生大根ダイエット」

    テレビ番組で放送されるや一躍話題になったダイエット法で、以前たんぽぽの白鳥さんが70日間で合計11.6㎏の減量に成功したのが有名で、その他複数の芸能人の方が成功しているダイエット方法です。

    そんな「生大根ダイエット」について、実際はどのくらいダイエット効果があるのかを口コミ・評判を広く調べました。

    これから生大根ダイエットをしようとしている方の参考になればうれしいです。

    目次

    「生大根ダイエット」とは

    生大根ダイエットの方法は?

    生大根ダイエットの方法は、非常に簡単で、基本的には食前に生大根をたべるだけ
    食べる大根の量は1日300gを目標とされており、通常の大根だと約6㎝を目安にすれば分かりやすいと思います。

    ただ、おでんなどであれば食べやすいですが、大根を加熱せずに食べるとなると、結構最初は大変ですよね。
    なので、6㎝に拘らずに、自分のペースで先ずは慣れるのを目的に行うことをお勧めします。

    では、どうして加熱せずに食べるのが良いのかですが、大根を加熱すると、ダイエット効果を発揮してくれるアミラーゼやイソチオシアネートが熱で変性してしまい、ダイエット効果が減少してしまうから。

    ちなみにイソチオシアネートはこんな特性を持った酵素です。

    イソチオシアネートの効果

    ・抗酸化作用が強く、ダイエットの的である活性酸素の除去効果あり
    ・新陳代謝を高める効果あり
    ・がんのリスクを減らし細胞の老化の予防効果あり
    ・血液をサラサラにする効果あり

    ひきつづき、生大根ダイエットについて、どのくらい効果がでたのかを実践した方の口コミ・評判を見ていきたいと思います。

    「生大根ダイエット」の口コミ・評判

    12㎏やせた

    生大根を食前に食べると、大根の持つ酵素をムダなくチャージでき、また満腹効果があるので効果が高いと言われています。

    大根の量がハンパない

    1日300gの大根って、言うのは簡単だけど実際実践するとけっこうきついと思います。酵素を変性させないためにも生で食べるほうが良いので、大根おろしなど工夫すると、少しは食べやすくなりますね♪

    三週間でマイナス6㎏

    ちょうど大根の美味しく安い季節で、大根おろしを食べ、水をしっかり飲み、約三週間。撫でるマッサージも併用して、あっさり6キロ減、BMI19を達成、アラフィに近いわたしが10代の体重に戻りました。

    正月太り解消にお勧め

    疲れた胃に良い

    あまり効果がでなかった

    結構生大根ダイエットをやり続けてみましたが、これといって効果が出た気がしません。
    「ダイエット効果が出た」という意見も多い一方、生大根ダイエットを続けても効果が出なかったという意見も少数ですが見られました。

    生大根ダイエットのメリット&デメリット

    上記の口コミでも言っている方もいますが、生大根ダイエットにはメリット&デメリット両方あります。

    それぞれ簡単に紹介しますね。

    生大根ダイエットのメリット

    1. 大根の価格が安いので、気軽に始められる
    2. 大根を食べるだけなので方法が簡単
    3. 便通が良くなる
    4. 肌つやが良くなる
    生大根には酵素のほかにビタミンA/Cが豊富に含まれているので、ダイエットだけでなく肌にも優しいです。

    生大根ダイエットのデメリット

    1. 生大根は食べにくい
    2. 食べ過ぎると体を冷やす
    3. 加熱すると、効果が減少する
    やはり最大のデメリットは、加熱すると酵素が変性するので生で食べるほうが効果的ですが、食べにくいので続きにくいところです

    さいごに

    生大根ダイエットは非常に効果的なダイエット方法ですが、継続が難しいダイエット方法です。
    そのため、継続すれば効果は出るのですが、継続がつらいので途中でやめてしまう方が多いダイエット方法だと言えます。

    • 酵素
    • 満腹感

    といった効果をもたらす特徴があるので、生大根に特にこだわりがなければ、「酵素」を食前に飲んで満腹感を得ることでダイエットするほうが簡単に痩せれる人も多いでしょう。

    また、生大根ダイエットについては本も出版されているので、参考までに本を読んでから取り組んでも良いかもしれないです。

    よかったらシェアしてね!
    • URLをコピーしました!
    目次